出会いを求めて恋活サイトに登録してみたら…

出会いを求めて恋活サイトに登録してみたら…

出会いを求めて恋活サイトに登録してみたら…

 


私には長年交際していた恋人がおり、ゆくゆくは結婚するものだと思っていました。

 

半同棲状態で、彼も「結婚したら…」というセリフをよく口にしていたので、婚約しているものだと信じていたのです。けれど、33歳のときに、「結婚は無理だよね」とあっさりとフラれてしまったのです。彼曰く、私はキャリアウーマンで、温かい家庭を想像できないと。彼は子供が欲しいので、年齢も気になるというのです。とても腹が立ちましたが「別れたい」というのを止める術もなく、長い春は終了を迎えました。

 

 

 

その後、仕事をする気も起きず、うつのような状態になり、結局キャリアの道も断念。細々とアルバイトで暮らすような生活になっていました。けれど、35歳になり、さすがに本格的に焦りを感じるようになりました。仕事もなく、お金も心配…。ここで、本気で恋活をしなければという気になったのです。自分で言うのもなんですが、ルックスには自信があり、学生時代にはモデル経験もあります。その気になれば、すぐに恋人なんてできる…と高をくくっていましたが、実際には自然の出会いはありませんでした。そこで、恋活アプリに登録してみようと考えました。

 

 

恋活アプリやサイトはたくさんありますが、Facebookで登録できるという「ペアーズ」にすることに。Facebookでの利用ですが、ニックネームで良いというのも魅力でした。

 

ただ、どうも利用者の年齢層が若いようで、私の年齢が35歳のせいか、なかなか素敵な男性とマッチすることはありませんでした。連絡してくれる人はいましたが、結婚は考えておらず、カジュアルなつき合いを求めるという人ばかり。「恋活サイトなんて、しょせんこんなものか…」とがっかりしました。

 

 

それでも、このまま40歳を迎えるのは怖いので、恋活・婚活のコーチという人に相談。いろいろと助言をもらいました。そのコーチの人によると、年齢が上なのでやさしい雰囲気の写真を載せるほうがいいとか。そのコーチの助言に従い、ふんわり系のファッションやヘアにした画像を掲載してみました。しかし、結果は最悪、ますますモテなくなりました。

 

 

 

もう諦めようと思っていた際に、ネットサーフィンをしていて目に留まったのが「外国人は女性の年齢を気にしない」ということでした。そこで、「外国人なら、結婚できるかもしれない」という淡い希望を抱いたのです。とはいっても、ペアーズ利用者は日本人ばかりで外国人との出会いはありません。どこに行けば外国人に出会えるの?と思って発見したのが「ティンダー」です。出会いアプリのTinderに登録してみたら、本当に利用者は外国人が大半でした。

 

 

ありとあらゆる国籍の外国人の方が登録していて驚きました。自己紹介なんかも英語で記載されて、それだけでドキドキ。早速登録し、気に入った人を選びました。けれど、待てど暮らせとマッチしません。「やっぱり、ここでも年齢の壁があるのか…」と思いました。

 

 

 

その時点では、まだ恋活コーチの助言に従った、清楚でふんわり系のファッションの画像を利用していました。しかし、もうやけくそになり、私らしい挑発した雰囲気の画像に変えました。セクシーで知的、ちょっと生意気な大人の女…。そんな写真です。日本人の男性の友人に見せると、「こんな女は避ける」と言われました。

 

 

ところが、驚いたことに、その画像に変更した瞬間から次々とマッチするようになったのです。

 

 

外資系で日本に滞在している外国人男性、日本の大学に通う外国人学生、日本に出張で来るエリート外国人…。かなりレベルの高い異性とマッチしました。ただ、もちろん、すべてが理想的な相手というのではなく、中には完全に身体目当ての人も多く紛れ込んでいました。やり取りが始まった途端に、「今夜どう?」といったあからさまなメッセージを送ってくる人もいました。そういう相手をうまく分けて、真剣度の高い異性を探すようにしました。

 

 

 

そして、ついにドイツ人の男性と実際に会うことに。その異性は、1週間の予定でドイツから日本に出張に来ているという人でした。最初はバーで会い、一緒にお酒を飲みました。緊張してしまい、ろくに話もできないままに終了。次はありませんでした。

 

 

 

その後、アメリカ人、イギリス人などとも会いましたが、どの男性も私の年齢は特に気にしていないようでした。それどころか、「年齢よりもはるかに若く見えるね」と言われ、自信がつきました。

 

 

とにかく、簡単にマッチするので、半年くらいの間に50人くらいとデートしたでしょうか?最初の緊張はなくなり、その頃には私のペースで関係を進展させられるようになっていました。

 

 

そんな時に出会ったのが、オーストラリア人の男性です。その男性は、頻繁に日本に出張に来ており、日本の文化や日本人の気質をとても好んでいて、真剣交際できる日本人女性を探しているということでした。私はすでにそういう男性に何人もあっていましたから「どうせ口だけだろう」と適当にあしらっていました。

 

 

実際、彼が日本に来るというので会う約束をしたのですが、直前に用事が出来ドタキャンしたほどです。けれど、彼はそれで怒ることなく、「2か月後にまた日本に行くからあって欲しい」と懇願するのです。そこで、会うことに。彼はとてもシャイで丁寧、ガンガン押してくることもなく、私を大切な女性として扱ってくれました。その後も、数か月ごとに日本に来るたびに、会ってはお茶や食事をするというつき合いを続けました。

 

 

 

ちなみに、その彼と出会ったあとも、別の男性と次々とデートをしていました。そうすることで、彼ひと筋というのではなく、ゆとりがあったような気がします。

 

「この人がダメなら、別の人がいる」というのでしょうか。

 

 

切羽詰まっていない雰囲気が、ますます彼を惹きつけたようです。ある日、「一緒に海外でホリデーを過ごさないか?」というメッセージが届いたのです。行き先はバリ島でした。

 

 

 

すべての費用は彼が出してくれ、バリの空港で落ち合うことに。彼は5スターホテルを予約してくれていて、シャンペンも用意されていました。夢見るような時間を過ごしていたのですが、さらにサプライズがありました。そこで、なんとプロポーズされたのです。ティンダーで出会って半年ほど、数回のデートをしただけでしたが、彼は誠実でまじめ、「この人なら大丈夫」という自信がありました。

 

 

 

それからさらに半年して、本格的に話がまとまりました。彼の国に住むためのビザやその他の準備は、すべて彼がしてくれました。現在、オーストラリアに移住し、彼に養ってもらいながら、私は結婚式の準備をしています。あのまま、日本人との出会いのみを求めていたら、おそらく年齢の壁に勝てず、あっという間に40歳になっていたでしょう。

 

 

外国人との出会いは緊張もありますが、私に女としての自信を回復させてくれたと思っています。

 

 

ティンダーに限らず、恋活アプリ利用者の中には、一夜限りの遊びの関係を求めている人が紛れ込んでいるのも事実です。実は、私自身、何度か失敗をして悔し涙を流しています。ですので、たとえアプリでマッチしてもすぐに会うことは避け、じっくりとその相手との関係を深めることが大切です。それと、ひとりだけに絞らず、複数の異性とデートしてみるのがいいと思います。そうすれば、本当に自分と相性が良い人と見極められるでしょう。

 

恋活アプリのお陰で、40歳を前にして念願の花嫁になれそうです。

 

 

 

 

 

 

人気の恋活サイト

 

会員数が600万以上の日本最大級マッチングサイトです。会員数が多いので出会える確立も高く恋活サイトでは1.2を争う人気のサイトです。 アメブロと一緒の会社が運営してるサイトで毎日4500人以上もの人が登録してます。共通する趣味を持つ異性と繋がることが出来ます。 あのリクルートが運営してる人気の恋活サイトです。結婚雑誌のゼクシィのCMなどはみんな見たことがあるのではないでしょうか?

人気の婚活サイト

 

運営17年を超える老舗の婚活サイトです。出会いを見つけて結婚したい男女が集まるサービスで、累計会員数は150万人を突破しています ゼクシィ縁結びは初めて婚活へと取り組む男女を応援する婚活サイトです。大手の会社のリクルートが運営していることもあり人気のサイトです。 サービスが始まってから17年以上が経過する老舗の婚活サイトで、毎月結婚を真剣に考えるカップルが15,000組も誕生しています。
page top